■社内の出来事

1958年(昭和33年)

  
 ・半導体研究所が半導体工場となり、トランジスタの量産開始

  
 ・ウインド型エアコン、電気火鉢の生産開始

   ・掃除機1号機(SC-100型)、ステレオ1号機(STG-100型)発売

        この頃、家庭電機業界にとって注目すべき現象は、日立、東芝など重電メーカーの
        家電部門への進出である。すでに当社は松下電器と並んで総合家庭電機メーカーとしての
        基盤を確立しつつあったが、ユーザー・販売店・代理店の要請に応えるためにも商品分野の
        いっそうの拡大が必要であった。
        またこの時期は、まさに日本のエレクトロニクスの黎明期で、民生用機器の新商品が
        続々と登場した。

   ・サンヨーテレビ劇場「私は貝になりたい」が、芸術祭参加作品で文部大臣賞受賞

   ・東京タワーにショールーム開設(1975年・昭和50年撤去) 

1959年(昭和34年)

   
・サンヨースーパーストア制度発足

   ・東京三洋電機株式会社(群馬県邑楽郡大泉町坂田)設立

        「岩戸景気」を背景に、急速に拡大する電気製品の需要に対応するため、
        関東初の生産拠点として設立した。旧中島飛行機の跡地で、工場規模は
        100万平方メートル余。、地元の要請もあり、別会社とした。

   ・サンヨーテレビ劇場「いろはにほへと」で2年連続、芸術祭参加作品で文部大臣賞受賞

1960年(昭和35年)

   ・社是「世界に誇りうる精度の高い仕事」制定

   ・業界初の二槽式脱水乾燥洗濯機(SW-400型)発売

   ・カラーテレビ三洋1号機(21-CT5型)発売

   ・貿易部を発展的に解消、三洋電機貿易(株)設立

   ・業界初の10分の1馬力 2極密閉型コンプレッサー開発

SW-400型
21-CT5型